ホーム西村さなえの婚活応援ブログ倖せな結婚への道 その10 メールは交際の大切なアイテム♡上手につかいましょう!

倖せな結婚への道 その10 メールは交際の大切なアイテム♡上手につかいましょう!

こんにちは。
婚活カウンセラーの 西村さなえです。

 

いつもお読みいただきありがとうございます

 

今は、メールでのやり取りができて本当にいいですね。

デートに遅れてもすぐ連絡ができるし・・というのは

私は若い時、2時間ぐらい待ちぼうけした経験がありますから。。

どんなにか相手を責めたことか(笑)

今の時代はそんなことにはならないですね。

 

しかし、便利な携帯電話は上手に使わないと

これまた交際が進まず発展しないですね。

81798512.jpg スマホ画像男子

 

 

 

 

 

 

 

 

お見合いをして「交際」になったとします。

この交際を上手に発展していくための

もっとも重要アイテムの一つがメールになりますね。

相手が電話に出られない状態であってもメールなら

迷惑をかけずコミュニケーションができます。

また、電話ではちょっと気恥ずかしくてもメールなら

気が楽ですね。

交際になると、

 私たち仲人から携帯番号やメールアドレスをお伝えします。

 

 お相手をとても気に入っていて

交際を結婚へと結びつけたいなら
1日1通のメールは必須!
来たメールには、即返すが必須です!

 

中には、メールが面倒だと仰る方もいますが

交際・結婚をを成功させたければ

大切なアイテムとして使うべきです。

ちょっと頑張るだけですよ!!

 

長いメールはいりません。

最初は勿論男性から、

 「交際希望をありがとうございました
直接お電話でお話ししたいので
何時頃お電話したらよろしいですか?」と。

必ず男性側からその日のうちに出してくださいね。

 

そして、電話で最初のデートの日を決めます!

 

 その後、お店をどこにするか

待ち合わせを何時でどこにするか
事務的な連絡事項をメールで入れることに
なると思いますが

 この時のメールには、

必ず

「お目にかかれるのを楽しみにしています」
「いい店をがんばって探しておきます」
などのように

「(あなたのために)がんばります!」
「楽しい時間を過ごしたいです!」というような
ポジティブな明るい感情の言葉や気持ちを

添えるのをお忘れなく!!

 

 そこからは、最低1日1回のメール

やりとりをかかさないことです。

 

自分の中で時間を決めておくといいですね。

 

電車の通勤の時に送る!

お昼休みに送る!

夕食の後に送る!などなど・・・・

最初は遅い時間はやめときましょう!

 

お相手のタイミングのいい時間は

掴めにくいところですが、

まずは自分が忘れないためにも

自分で時間を決めましょう。

 

 メールの間隔があいて

1週間も連絡を取り合わないと
あなたがお相手を「よかったなあ」と思っていても
あなたは次第に気持ちが落ちていきます。

面倒くさがりの男性はますます気持ちが遠のいていきます。

お相手の女性もテンションが下がっていきます。

 

 また、1日1回のメールを書く時に

大切なことは
相手から来たメールの情報のひとつに
共感をいれることを忘れないでください。

通勤スマホ

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば

「今日の夕日が美しくて感動しました」
と、あったら

 

「よかったですね」

 

でもいいですが、もう一つ共感をいれて、

 

「最高のお天気でしたから

さぞかし美しかったことでしょう。

私は見逃したけど見たかったなあ。

明日は気にして西の空を眺めてみます。」

 

なんて、送るのはいかがでしょうか?

女性は、一緒に見てみたいなって思うかもしれません。

女性は特に共感してほしいです。

認めて欲しいんです。

交際最初のメールのやり取りは

さらりとしたやさしい気遣いの言葉が大切です。

あなたのことが気になります、好きになりそうですと

LIKEの気持ちをいれましょうね。

 

交際が進めばLOVEの言葉も大事です。

 

 どのタイミングでLOVEの気持ちが入った言葉を送ったらいいのか・・・

また、次回にお伝えしますね

 

HAPPYSMILEでは、

いつかは結婚したい独身男女の前向き婚活を応援します!

 

ひつじ

 

 

 

頼られると嬉しいひつじ  婚活カウンセラー 西村さなえ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

よく読まれている記事

トップに戻る