ホーム西村さなえの婚活応援ブログ婚活ブログを長らくお休みしていました!申し訳ございません。

婚活ブログを長らくお休みしていました!申し訳ございません。

 

婚活カウンセラーの 西村さなえです

いつもお読みいただきありがとうございます

とはいっても、申し訳ございません。長らくお休みしておりました。

理由は特にないのです。

婚活中の女性が

『しばらく婚活をお休みしたいのです』

というのと一緒の感情と行動パターンです(笑)

『しばらくブログをお休みしたいのです』

今回、私は婚活をお休みたい人の気持ちもわかりました

どうして休みたいのかなんてたいして訳はないんですよね。

色々理由を見つけて言ってはきますが・・・

仕事が忙しい・・・

家庭の時事用があって・・・

体調が悪い・・・などなど

ただ単純になんだか面倒だなって感じのような気がしましす。

意気込んで婚活を始めてもぶれてしまう、

続かない婚活男女の気持ちとまさに同じかもしれませんね。

しかし、

諦めて辞めてしまったら幸せなゴールはないんですよね。

私も今日から地道に日々思うことを書いていきますね。

読んでいただけたら幸いです

さて、ブログはさぼってしましましたが、

私の会員様は次々に成婚されて

まさに『さくら咲く』の報告をうけております

3月早々に結婚を決めたカップルは

世の中にまだこんな純情な子たちがいたのねって

思うくらいのお二人です。

昨年の10月にお見合いをされ、順調に交際が始まりました。

ちゃんとお二人はコミュニケーションできるのかなって

余計な心配をしていましたが

K子さんの方が積極的に会話提供し、

どちらかというと結婚までの道のりも

K子さん主導でした。

T男君は結構世間には疎い男子でございました(笑)

ところが、結婚が決まっていろんなことを決める時、

時折見せるT男くんの決断力と包容力が

彼女の心をしっかりとゲットしております。

どういう所かというと

『家具とかどうしよう?』というK子さんの問いかけに

『体一つでマンションにこればいいよ』と。

『結婚式どうしよう?』には

『落ち着いたら考えていこう』と。

おっちょこちょいで天然で、その反対に

頑固な心を秘めているK子さんの言動に対しては

『行動が可愛くて面白い』

と彼氏の愛情溢れるお言葉

なんて素敵なカップルなんでしょうか

ご縁結びの醍醐味はこういう所にあるんですね。

ちょっと頼りないかもなんて言っていたK子さんに

「こんなに愛されて本当に良かったね。素敵だわ

 倖せになれる事間違いないよ」

と、私はエールを送りました。

三人でランチをしながら、

お二人が描くこれからの夢を

一杯聞きましたよ。

K子さんの倖せ笑顔が忘れられませんデス

IMG_4068.JPG 辻さん成婚

本当にお似合いのお二人です

こちらのお二人は普通に生活をされていたら

おそらく異性との出会いがなく、

40歳になってもシングルだったかも知れません。

お二人の間にはのんびりゆっくりの空気が流れ

これからも周りのガヤガヤにとらわれずマイペースで

穏やかに温かい家庭を築かれることでしょう

いい人に出会えない、

出会ったとしても結婚するというイメージが持てない!

付き合い始めても、

結婚を考えるとなんか違うと思ってしまう。

皆さん、相手にばかり何かを求めていませんか?

まずはどんな人に会っても、

自分ががお相手を倖せにできる事って何かな

を考えてほしいです。

お互いに求めてばかりでは上手くいきません。

欠点ばかりが目につくばかりです。

目の前の人を倖せにできるあなたは

必ずいい人に出会えます。

結婚報告をしてくれたK子さんも

婚活当初は、お相手の欠点を探すことがとても得意でした。

いいところがなかなかみつけられなかったようです。

お相手に求めることも沢山ありました。

最初はそういう自分に気づいていないんですよね。

しかし、婚活を続けて失敗したりする中で

どうしてダメだったかK子さんは 修正・学習いたしました。

お相手を認めて思いやることができてこそ素敵女子

婚活も大成功します

独身男女の皆さん 今年こそは結婚したい

と望むなら、早速行動

私と一緒に婚活しましょう

お待ちしていますよ

 ひつじ

 頼られると嬉しいひつじ

                  西村さなえ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

よく読まれている記事

トップに戻る