ホーム西村さなえの婚活応援ブログ婚活京都ツアーに同乗しました!その2

婚活京都ツアーに同乗しました!その2

 

皆さん、こんにちは。

婚活カウンセラーの 西村さなえです。

 

いつもお読み頂きありがとうございます

 

 

昨日の続きです。

良縁祈願の清水寺に到着!

IMG_1612

 

 いよいよ雨は激しくなりまして残念でしたが、

ここでも年齢を合わせたグループでの散策です。

相合傘もいいなと思いますが、ちょっと飛躍しすぎですね(笑)

お互いに傘のしずくがかからない様に気を使いながら、

清水の坂を登ります。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1605

 そして、良縁祈願の地主神社へ・・・

 

地主神社の主祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)で良縁の神様とされています。また大国主命の父母神である素戔嗚命(すさずちのみこと)と手摩乳命(てなずちのみこと)を祭神として正殿に祀られています。
地主神社は大国主命にその父母、さらにその父母と3代に渡る建国の神様をお祀りしていることで縁を大切にする「えんむすびの神社」と言われるようになったのでしょう。地主神社は古くからえんむすびの神とされ、文献では江戸時代にも「恋占いの石」で恋を占う若い男女が大勢つめかけたと書かれています。

  地主神社の石段を登り本殿に向かうと通路の真ん中に「恋占いの石」が置かれています。恋占いの石は二つあり、入り口そばと10m程離れた境内の奥にもう一つの石があります。言い伝えでは片側の石からもう一方の石まで目をつぶってたどり着けば、恋が叶うと言われています。周りの人に助けられてたどり着くと、実際の恋も人の助けが必要だとか。

 

IMG_1609

 ha_img01

 なるほど、

江戸時代から恋愛の神様として多くの人がお参りしたんですね。

目を閉じてタイムスリップするといろんな男女の光景が浮かんできました。

恋焦がれて熱い思いでこの石の間を行き来したんだなあって・・・

。ついつい空想に耽ってしまう私です

 

10メートルを目をつぶってたどり着くにはかなり困難かもしれません。恋が叶うには、やはり助けがいりますね。

私たち仲人がまさに助っ人です

 

 

この日は、傘の花が咲いて恋占いはできませんでしたが

 帰りは、ここに来たら必ず寄る「七味家」さんでお気に入りを買いました。

IMG_1625

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最終ポイントの大津プリンスホテルのビュフェ会場へとバスを走らせます

 

 IMG_1617

 最上階の会場は、琵琶湖が一望でき素晴らしかったです。

着いたのは1時半過ぎ・・・・・

コミュニケーションより食べる食べる・・・

 

皆さん、おなかが満足したところで

景色を眺めながらのおしゃべりタイムを楽しみました

 

 

 

 

3時過ぎに帰途につき、帰りのバスもパーキングエリアごとに男性が移動をしてお見合い回転ずしタイムです。

皆さんお疲れでしょうが、まだしっかり話していない方もありで本当に頑張っていました。

偉いなあ!!それだけ真剣に取り組んでいるということで素晴らしいと思いました。

岐阜県庁前に着いたのは、6時過ぎ。バスを降りて、男女一列に並びもう一度お名前とお顔確認をして、マッチングシートに

もう一度会いたい人にチェックをいれていただきました。

婚活男女の皆さん、本当にお疲れ様でした。主催の結婚相談所様ありがとうございました!

 

おかげさまで、マッチングカップル数は延べ13組 地主神社の御利益ありましたね

これから先は、仲人さんの出番でご縁をさらに繋いでいきます。

交際が始まり成婚へと向かってくださいね。そうなったカップルはこのツアーが最高の思い出となることでしょう。

ひつじ

 

HAPPYSMILEでは、いつかは結婚したい独身男女の前向き婚活を応援します!

 

頼られると嬉しいひつじ  婚活カウンセラー 西村さなえ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

よく読まれている記事

トップに戻る